チタン酸化合物の可能性

チタン酸化合物には、強誘電性で知られるチタン酸バリウムや、耐熱衝撃性で知られるチタン酸アルミニウムなど、様々な特性を持つ材料が存在し、その利用技術が発展しています。

一方、クボタでは、チタン酸化合物の特殊形状化技術や、TiO6八面体等の連鎖構造からインターカレーションを利用した誘導体合成技術など、極めて特異な技術を保有しています。

これらの技術を融合することから導かれる多様な性質は、これからの機能性材料として大きな可能性を秘めています。

電気的特性

  • 誘電性
  • 圧電・焦電性
  • 導電性
  • 半導体

熱的特性

  • 耐熱性
  • 断熱性
  • 低熱膨張性

機械的特性

  • 耐摩耗性
  • 補強性

化学的特性

  • 耐薬品性・親水性
  • 表面活性
  • 抗菌性

図TOP-a

開発理念

図:開発理念イメージ
図TOP-b

株式会社クボタ ティーザクス部の開発理念は、「人と環境に優しい高機能材の開発を基本として、お客様の真のニーズに応える製品を世界に提供する」ことです。

「チタン酸カリウム TXAX(ティーザクス)」から始まった技術の潮流は、そのプロダクトテクノロジーとプロセステクノロジーを基盤に、新たな「機能」、「特性」を持った様々な可能性のあるチタン酸化合物へとその領域を拡大しています。私たちティーザクス部は、このような研究開発を通じて価値ある新市場の創出を目指し、持続可能な社会の構築に貢献していきます。

更新情報

2012.04.23
北米に新プラント設置決定、海外の需要拡大に対応
2009.06.01
TXAX-CTの一般特性を追加しました
2007.11.02
TXAXサイト(チタン酸化合物の可能性)英語版がオープンしました
2007.10.12
TXAXサイト(チタン酸化合物の可能性)日本語版がオープンしました

お問い合わせ

当サイトの内容についてのお問い合わせと、資料のご請求はこちらからお願いいたします。

お問い合わせフォーム